忍者ブログ

日ごろのこと。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は会社が1日全体会議ってことで、派遣スタッフはお休みになりました。
うまいタイミングで平日休みが入ったので、先日紹介された甲状腺の専門の病院に行ってみました。

近所の病院で紹介してもらったときは、病院名と住所と電話番号を手書きで書いたメモを渡されるというアナログっぷりでしたが、ためしにインターネットでこの甲状腺の病院を検索して調べてみたら、かなりオンラインシステムも整ったところでした。その専門の医師も何人もいて、さすが専門病院だなという印象。
全国の病院から紹介された患者さんがやってくるような有名なところだから、たぶん待ち時間が長くなるかもしれないから時間のある日に行った方がいいと、近所の病院の看護士さんにも言われていたので、平日休みになった今日の予約をプッシュホンの自動電話予約でとりました。再診からはインターネットでも予約できるようでした。

朝10時の予約で、5分前くらいに到着しましたが、有名度と医師の人数の割にはあまり広い病院ではなくて、待合室のイスも間隔をつめてたくさん置いてあったけど9割くらい埋まっている状態。でも、受付やお会計は一人にあまり時間をかけずにサクサクと捌いている様子。
私も受付に行って、保険証と紹介状を出しながら名前と予約時間を言ったら、すぐにオンラインの予約リストと確認してもらえました。
小さな紙に名前や紹介の有無などをまず書き、その次に渡された予診票に今までの病歴やアレルギーなどを書き込んで提出したら、あまり待たずに予診室に呼ばれて体重と身長と血圧を測り、紹介状やさっき書いた予診票の内容の確認もしました。
初診なので、これからどの医師に割り当てられるか決めるとのことで、一旦また待合室に戻って呼ばれるのを待ちました。診察室も何室もあって、それぞれの部屋の前のイスにもほとんど人が座っている状態、さすがにこのときは少し待ち時間かかったけど、今まで貧血関連の通院で、血液検査の結果が出るのを30分待つのに慣れていたから、それほど長いとも思わずに名前を呼ばれて、診察室に入って担当医師とご対面。院長先生でした。
 
自分の体調の現状などを話して、まずはその診察室で、甲状腺のある喉の超音波による診察。でも腫れたり変形したりという異常は特にナシ。
あとは、血液検査と心電図で、甲状腺の観点からみた診察をしてくれるとのことで、採血と心電図測定、そして結果を2日後に聞く予約をとりました。
お会計も次々名前を呼ばれて、さくっと終了したけど、やっぱり検査が入ると結構な出費になるわ。。

帰りに巣鴨によって刺抜き地蔵尊で厄除けのケイタイマスコット買ったり、商店街でカバン買ったりしてから帰りました。
病院の帰りに巣鴨でお買い物って、完全に婆さんの日課じゃん。。。いやだって巣鴨近いんだもん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.241No.240No.234No.238No.236No.235No.233No.232No.231No.230No.229
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
anna
HP:
性別:
非公開
バーコード
P R
アクセス解析
mini bbs